arrow arrow
トップバナー
統一地方選で立候補を目指す「フリーランスの皆さま」を募集します 統一地方選で立候補を目指す「フリーランスの皆さま」を募集します

NPO・NGOの役員でも地方議員になれる!

地方自治体の議員は、自治体から業務を請け負わない限り、兼業が許されています

NPOの役員が地方議員に立候補することは問題がありません
(当選後にNPOがその自治体の仕事を請け負う場合は、役員を辞任する必要があります)

1年のうち地方議会が開かれている日数は、町村議会で年間平均43日、市区議会でも80日〜110日しかありません。

NPO・NGOと議員の兼業は十分に可能です。

NPO・NGOは議会で即戦力に!

そもそもNPO・NGOは、行政が対応できない社会問題に取り組んできた組織です。

議員になればその問題に、税金を使って自治体全域で取り組むことができます。

行政が関わってこなかった問題ですから、そのテーマでは他の議員や行政をリードできます。

NPO・NGOの専門分野では、当選直後から即戦力の活躍ができます。

NPO・NGOと政治行政のハイブリッド・キャリアを!

NPO・NGOの仕事は政策アイディアの宝庫です。

住民から相談を受ける中で、政策を変更する必要性を感じる場面は少なくありません。

また、議員を引退した後も、政治行政を知り尽くしたNPO・NGOとして、地域社会の変革を強力に押し進めることができます。

NPO・NGOの皆さま!
ぜひ、立憲民主党と一緒に、地域の、
そして日本の未来をつくって行きましょう!

「社会を良くしたい」という問題意識を政治にぶつけてください

私は NGO出身の議員です。カンボジアで小型武器回収プロジェクトを立ち上げ、約12,000丁の武器を回収したことが原点です。
NPOやNGOにお勤めの方は、切り口こそ多様であっても、何らかの形で社会に貢献したり、世の中を少しでも良くしたいという思いをお持ちだろうと思います。私もそういう思いでNGOに就職し、その後政治家になりました。
カンボジアでの経験は充実感はありましたが、本当に平和な社会、豊かな社会を実現するためには、政治という社会の仕組み自体を変えないとダメだと実感するきっかけにもなりました。
社会を良くしたいと強い思いをお持ちの皆さま、ぜひその問題意識に直接関わってみませんか。フィールドでの経験は他の議員にはない大きな強みになります。

活動写真01

紛争予防に関わるNGOに勤務。外務省の外部委託専門家としてカンボジアに単身派遣され、小型武器回収プロジェクトを立ち上げた

活動写真02

静岡県議時代

活動写真03

選挙区の皆さんの声を聴く

応募方法はこちら 地方議員に立候補できる要件
flow
step01
一次審査(書類選考)
所定の書類を党本部に送付いただき、審査結果を党本部から通知します。
arrow
step02
二次審査(面接)
地方自治体選挙については当該の地域組織(都道府県連)にて行います。
国政選挙の志願者については党本部にて行います。
arrow
step03
選挙区の決定と公認の内定
選挙区の決定および公認の内定については、面接等の審査・選考を踏まえ、志願者本人との協議・調整を経た上で決定します。
※公募合格の結果が直ちに公認候補者としての資格を保証するものではありません。

結果については、地方自治体選挙については当該の地域組織(都道府県連)から連絡します。国政選挙の志願者については党本部から連絡します。
arrow
step04
党内手続きと決定
党の機関会議を経て、公認が決まります。
arrow
step05
活動開始
application
公募対象選挙
国、地方、全ての選挙
応募資格
被選挙権を有し、立憲民主党の綱領や基本政策に賛同し、その実現に向けて共に活動できる方
応募期間
2023年4月実施の統一地方自治体選挙については2022年12月9日まで
それ以外の選挙については通年
応募方法
応募期間中に以下の書類をご郵送かメールにてお送りください。

応募用経歴書(※書式は下記よりダウンロード)
※直近に撮影した本人写真を必ず添付
職務経歴書(※書式は問わない)
これまでの職務内容(社会活動も含む)、実績、資格・スキル(得意とする分野)などをお書きください。
小論文(1200字以内※書式は問わない)
あなたはどのような方で、どのような体験をきっかけに、今の社会に課題を感じ、政治家を目指そうと思ったのか。 また、あなたが考えるあるべき社会の姿と、それを実現するためにどのような方法でアプローチしようとしているのかなどについてお書きください。
応募書類提出先
郵送かメールのどちらかをお選びください。

(郵送先)
立憲民主党本部選挙対策委員会宛
〒100-0014
東京都千代田区永田町1 - 11 - 1 三宅坂ビル4階
電話 03-6811-2301
※封書の表面に「一般公募書類在中」と記載すること。

(メール)
下記のメールアドレス宛てに、件名「一般公募申し込み」とご明記の上、お送りください。
koubo@cdp-japan.net

※提出いただいた申請書類等については返却いたしません。
なお、応募者の個人情報等については、他の目的には使用・公開することはありません。
候補者公募に関する問合せ
候補者公募に関するお問い合わせについては、立憲民主党本部選挙対策委員会で受け付けます。
問い合わせ窓口:koubo@cdp-japan.net